Research Opportunities for UndergraduaTEs
理工学部・学部学生が最先端の研究に参加できるプロジェクト

過去の Project lists

2017年度・春学期
板垣 宏 教授
動物実験代替法、安全性評価、毒性発現機序、医薬品・化粧品
教員メールアドレス ""を"@"に hitagakiynu.ac.jp
定員 1~2 名
テーマ概要 「安心安全」は社会的な関心となってきています。また、動物を用いる安全性試験をin vitro に置き換える動物実験代替法の開発は、動物愛護の観点から社会的ニーズの高い研究です。当研究室では、医薬品や化粧品の化学物質の皮膚アレルギーの発現機序を解析することにより、動物実験代替法の開発を進めて行きます。細胞レベルで安全性を考えることは難しい課題ですが、社会的ニーズと新技術との連携を図ることにより進めて行きたいと考えています。
平塚 和之 教授
遺伝子工学、分子細胞生物学、植物工場、植物保護、環境負荷低減、物質生産、創薬
教員メールアドレス ""を"@"に hiratskynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 私たちの生活は植物の持つ様々な機能に支えられています。また、植物は究極の低環境負荷な物質生産の場でもあり、遺伝子工学を駆使した有用物質生産への有効活用などに期待が持たれています。一方、「環境と植物を守る」という観点からはヒトと環境に優しい植物保護方法の開発が望まれています。当研究室では以下のテーマを中心とした研究・教育に取り組んいます。(1)高効率多重遺伝子発現と翻訳制御:「植物工場」において有用物質の生産を行わせる場合には、多くの遺伝子を効率よく発現させる必要があります。私たちはその様な場面で使用可能な高性能介在配列の創出に成功しています。さらに、そのシステムを使って、高付加価値なタンパク質を生産させることを目的とした産業応用を指向しています。(2)低環境負荷植物保護技術:当研究室で独自に開発した病害応答遺伝子の働きを可視化する手法を用いて、殺菌剤などを用いずに、植物の病害抵抗性を向上させる新機能遺伝子の探索や、新規な有用物質の探索に関する研究等を行っています。また、環境ストレス応答と密接に関係するDNA組換え因子の研究を進め、DNA傷害を特異的に検出可能な環境バイオセンサーの開発などに成功しています。
尾形 信一 准教授
遺伝子工学、分子細胞生物学、植物工場、植物保護、環境負荷低減、物質生産、創薬
教員メールアドレス ""を"@"に s-ogataynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 私たちの生活は植物の持つ様々な機能に支えられています。また、植物は究極の低環境負荷な物質生産の場でもあり、遺伝子工学を駆使した有用物質生産への有効活用などに期待が持たれています。一方、「環境と植物を守る」という観点からはヒトと環境に優しい植物保護方法の開発が望まれています。当研究室では以下のテーマを中心とした研究・教育に取り組んいます。(1)高効率多重遺伝子発現と翻訳制御:「植物工場」において有用物質の生産を行わせる場合には、多くの遺伝子を効率よく発現させる必要があります。私たちはその様な場面で使用可能な高性能介在配列の創出に成功しています。さらに、そのシステムを使って、高付加価値なタンパク質を生産させることを目的とした産業応用を指向しています。(2)低環境負荷植物保護技術:当研究室で独自に開発した病害応答遺伝子の働きを可視化する手法を用いて、殺菌剤などを用いずに、植物の病害抵抗性を向上させる新機能遺伝子の探索や、新規な有用物質の探索に関する研究等を行っています。また、環境ストレス応答と密接に関係するDNA組換え因子の研究を進め、DNA傷害を特異的に検出可能な環境バイオセンサーの開発などに成功しています。
福田 淳二 准教授
再生医療、マイクロデバイス
教員メールアドレス ""を"@"に fukudaynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 再生医療やティッシュ・エンジニアリング、医療診断などに利用できるデバイスを、微細加工、表面化学修飾、細胞組織培養技術などを利用して作製する研究を行っています。特に、電気化学的な反応を利用した血管網を有する肝臓や骨の組織の作製方法の確立、オンチップ細胞培養、微生物燃料電池の研究などをおこなっています。
その他 再生医療分野に興味のある人,医学部などの外部との共同研究に興味がある人,サイエンス・インカレでの受賞、国際学会発表や留学を目指す人は大歓迎です。
武田 穣 准教授
バイオ工学、バイオプロセス、生体計測、複合糖質、応用生物化学、環境バイオテクノロジー
教員メールアドレス ""を"@"に mtakeynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 【細胞の外側はどんな構造か?どう創られるのか?表層をデザインすることはできるのか?そして、壊すことはできるのか?】
細胞の外側に糸状の鞘と呼ばれる構造体をつくり、その中で生活している微生物がいます。また、このような構造体を分解できる細菌がいます。こうした微生物を扱い、生化学、分子生物学、生物化学工学などの手法を駆使してそのメカニズムの解明にチャレンジしています。細胞の外側や表層の構造形成を制御できるようになると、新しい感染症対策、発酵法、廃水処理施設管理手法を開発することが可能となるのです。
鈴木 市郎 特別研究教員
バイオプロセス、応用微生物学、発酵工学、環境バイオテクノロジー
教員メールアドレス ""を"@"に suz-1ynu.ac.jp
研究室Web http://www.bio.ynu.ac.jp/staff/isuzuki/
定員 1~2名
テーマ概要 様々な微生物が相互作用を持ちつつ物質生産や環境浄化などを行う、「微生物複合系」による伝統的醗酵食品生産や水処理、環境浄化などのバイオプロセスを研究しています。このような微生物複合系には純粋培養が困難な微生物が含まれることが少なくないため、次世代シーケンスによるマイクロバイオーム解析など培養技術に依存しない解析方法を用いて研究を進めています。現在進めている主な研究テーマは、次のとおりです。
【鉄やマンガンを含む地下水の微生物複合系を用いた上水処理】
【伝統的発酵食品の生産プロセスにおける微生物複合系の動態解析】
【難分解性物質による地下水汚染の微生物複合系による浄化】
その他 研究の詳細は、研究室Webをご覧下さい。
栗原 靖之  教授
分子生物学、RNA生物学、発生生物学、生殖細胞、生殖工学
教員メールアドレス ""を"@"に kuriharaynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 日本のような先進国では、少子化が大きな社会問題です。特に、子供が欲しくても出来ない不妊症は増加傾向にあり、これを解決することは、健全で安定な社会構成を保証する上で大切なことです。そのために「如何に生殖細胞は発生し、分化し、機能するか」という基本的な問いかけにきちんと答え、その知識を応用して医学的な展開をする必要があります。私たちはこの観点から、マウスを動物モデルとして生殖細胞の発生と分化のメカニズムを分子レベルから個体レベルに至る幅広い手法で教育研究しています。
生殖系や神経系などの高次生命現象に関わる細胞も他の細胞と同様に遺伝子の制御を受けて機能を持つようになります。しかし、生殖細胞などの遺伝子発現はゲノムDNAの転写制御だけでなく、転写後のmRNAを巧みに調節することがとても大切なことがわかってきました。そこで、私たちは生殖細胞の発生や分化に重要な働きを持つmRNAを制御するタンパク質の機能を解析し、不妊症などの医学領域に貢献したいと考えています。さらに、この成果は生殖細胞のみならずガンや神経系の疾患などの病因の解明にも応用が可能です。
鈴木 敦 准教授
分子生物学、RNA生物学、発生生物学、生殖細胞、生殖工学
教員メールアドレス ""を"@"に atsuzukiynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 日本のような先進国では、少子化が大きな社会問題です。特に、子供が欲しくても出来ない不妊症は増加傾向にあり、これを解決することは、健全で安定な社会構成を保証する上で大切なことです。そのために「如何に生殖細胞は発生し、分化し、機能するか」という基本的な問いかけにきちんと答え、その知識を応用して医学的な展開をする必要があります。私たちはこの観点から、マウスを動物モデルとして生殖細胞の発生と分化のメカニズムを分子レベルから個体レベルに至る幅広い手法で教育研究しています。
生殖系や神経系などの高次生命現象に関わる細胞も他の細胞と同様に遺伝子の制御を受けて機能を持つようになります。しかし、生殖細胞などの遺伝子発現はゲノムDNAの転写制御だけでなく、転写後のmRNAを巧みに調節することがとても大切なことがわかってきました。そこで、私たちは生殖細胞の発生や分化に重要な働きを持つmRNAを制御するタンパク質の機能を解析し、不妊症などの医学領域に貢献したいと考えています。さらに、この成果は生殖細胞のみならずガンや神経系の疾患などの病因の解明にも応用が可能です。
2016年度・秋学期
渡邉 昌俊 教授
癌細胞生物学、癌治療、微小環境制御、再生医学
教員メールアドレス ""を"@"に mawataynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 ヒトの病気を研究する方法には、生体から取り出した細胞を培養して研究する方法があります。ヒト体内の状態に近い培養条件を構築して研究する事により、病気の診断・治療への手がかりが得られます。当研究室では、生物学的および工学的手法で、生体内に似た環境を生体外に構築するために生体内の微小環境に近いスフェロイドあるいはそれを発展させた培養を行い、再生医療あるいは癌治療に役立つ研究を行います。
板垣 宏 教授
動物実験代替法、安全性評価、毒性発現機序、医薬品・化粧品
教員メールアドレス ""を"@"に hitagakiynu.ac.jp
定員 1~2 名
テーマ概要 「安心安全」は社会的な関心となってきています。また、動物を用いる安全性試験をin vitro に置き換える動物実験代替法の開発は、動物愛護の観点から社会的ニーズの高い研究です。当研究室では、医薬品や化粧品の化学物質の皮膚アレルギーの発現機序を解析することにより、動物実験代替法の開発を進めて行きます。細胞レベルで安全性を考えることは難しい課題ですが、社会的ニーズと新技術との連携を図ることにより進めて行きたいと考えています。
平塚 和之 教授
遺伝子工学、分子細胞生物学、植物工場、植物保護、環境負荷低減、物質生産、創薬
教員メールアドレス ""を"@"に hiratskynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 私たちの生活は植物の持つ様々な機能に支えられています。また、植物は究極の低環境負荷な物質生産の場でもあり、遺伝子工学を駆使した有用物質生産への有効活用などに期待が持たれています。一方、「環境と植物を守る」という観点からはヒトと環境に優しい植物保護方法の開発が望まれています。当研究室では以下のテーマを中心とした研究・教育に取り組んいます。(1)高効率多重遺伝子発現と翻訳制御:「植物工場」において有用物質の生産を行わせる場合には、多くの遺伝子を効率よく発現させる必要があります。私たちはその様な場面で使用可能な高性能介在配列の創出に成功しています。さらに、そのシステムを使って、高付加価値なタンパク質を生産させることを目的とした産業応用を指向しています。(2)低環境負荷植物保護技術:当研究室で独自に開発した病害応答遺伝子の働きを可視化する手法を用いて、殺菌剤などを用いずに、植物の病害抵抗性を向上させる新機能遺伝子の探索や、新規な有用物質の探索に関する研究等を行っています。また、環境ストレス応答と密接に関係するDNA組換え因子の研究を進め、DNA傷害を特異的に検出可能な環境バイオセンサーの開発などに成功しています。
尾形 信一 准教授
遺伝子工学、分子細胞生物学、植物工場、植物保護、環境負荷低減、物質生産、創薬
教員メールアドレス ""を"@"に s-ogataynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 私たちの生活は植物の持つ様々な機能に支えられています。また、植物は究極の低環境負荷な物質生産の場でもあり、遺伝子工学を駆使した有用物質生産への有効活用などに期待が持たれています。一方、「環境と植物を守る」という観点からはヒトと環境に優しい植物保護方法の開発が望まれています。当研究室では以下のテーマを中心とした研究・教育に取り組んいます。(1)高効率多重遺伝子発現と翻訳制御:「植物工場」において有用物質の生産を行わせる場合には、多くの遺伝子を効率よく発現させる必要があります。私たちはその様な場面で使用可能な高性能介在配列の創出に成功しています。さらに、そのシステムを使って、高付加価値なタンパク質を生産させることを目的とした産業応用を指向しています。(2)低環境負荷植物保護技術:当研究室で独自に開発した病害応答遺伝子の働きを可視化する手法を用いて、殺菌剤などを用いずに、植物の病害抵抗性を向上させる新機能遺伝子の探索や、新規な有用物質の探索に関する研究等を行っています。また、環境ストレス応答と密接に関係するDNA組換え因子の研究を進め、DNA傷害を特異的に検出可能な環境バイオセンサーの開発などに成功しています。
福田 淳二 准教授
再生医療、マイクロデバイス
教員メールアドレス ""を"@"に fukudaynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 再生医療やティッシュ・エンジニアリング、医療診断などに利用できるデバイスを、微細加工、表面化学修飾、細胞組織培養技術などを利用して作製する研究を行っています。特に、電気化学的な反応を利用した血管網を有する肝臓や骨の組織の作製方法の確立、オンチップ細胞培養、微生物燃料電池の研究などをおこなっています。
その他 再生医療分野に興味のある人,医学部などの外部との共同研究に興味がある人,サイエンス・インカレでの受賞、国際学会発表や留学を目指す人は大歓迎です。
小泉 淳一 教授
バイオ工学、バイオプロセス、生体計測、複合糖質、応用生物化学、環境バイオテクノロジー
教員メールアドレス ""を"@"に jikoizmiynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 当たり前のことですが、生物はその細胞ごとに、様々なまた強い個性を持っています。生物は、単なる物質としての核酸・タンパク質・脂質の集合体ではなく、遺伝情報の塊だけでもありません。様々な生体要素が生命を持って連関しながら生きている、動的な存在なのです。そして個々の細胞や個体は、他者との情報の連関のもとで、それぞれが固有の空間を占有して生き、また死んでゆくのです。こうしたダイナミックかつ健全な生物像を基に工学を形成することが、この研究室の目的です。現在進めている研究テーマは、次のとおりです。
【非侵襲で採取できる生体情報から、どの程度まで生理状態を推定できるか?】
挿管や採血を伴わない非侵襲な手法で採取できる生体試料(呼気、唾液など)や生体情報(心電、脳波など)から、統計工学的手法などを応用し、その生体の生理状態を推定できるシステムの開発にチャレンジしています。
武田 穣 准教授
バイオ工学、バイオプロセス、生体計測、複合糖質、応用生物化学、環境バイオテクノロジー
教員メールアドレス ""を"@"に mtakeynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 【細胞の外側はどんな構造か?どう創られるのか?表層をデザインすることはできるのか?そして、壊すことはできるのか?】
細胞の外側に糸状の鞘と呼ばれる構造体をつくり、その中で生活している微生物がいます。また、このような構造体を分解できる細菌がいます。こうした微生物を扱い、生化学、分子生物学、生物化学工学などの手法を駆使してそのメカニズムの解明にチャレンジしています。細胞の外側や表層の構造形成を制御できるようになると、新しい感染症対策、発酵法、廃水処理施設管理手法を開発することが可能となるのです。
鈴木 市郎 特別研究教員
バイオプロセス、応用微生物学、発酵工学、環境バイオテクノロジー
教員メールアドレス ""を"@"に suz-1ynu.ac.jp
研究室Web http://www.bio.ynu.ac.jp/staff/isuzuki/
定員 1~2名
テーマ概要 様々な微生物が相互作用を持ちつつ物質生産や環境浄化などを行う、「微生物複合系」による伝統的醗酵食品生産や水処理、環境浄化などのバイオプロセスを研究しています。このような微生物複合系には純粋培養が困難な微生物が含まれることが少なくないため、次世代シーケンスによるマイクロバイオーム解析など培養技術に依存しない解析方法を用いて研究を進めています。現在進めている主な研究テーマは、次のとおりです。
【鉄やマンガンを含む地下水の微生物複合系を用いた上水処理】
【伝統的発酵食品の生産プロセスにおける微生物複合系の動態解析】
【難分解性物質による地下水汚染の微生物複合系による浄化】
その他 研究の詳細は、研究室Webをご覧下さい。
栗原 靖之  教授
分子生物学、RNA生物学、発生生物学、生殖細胞、生殖工学
教員メールアドレス ""を"@"に kuriharaynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 日本のような先進国では、少子化が大きな社会問題です。特に、子供が欲しくても出来ない不妊症は増加傾向にあり、これを解決することは、健全で安定な社会構成を保証する上で大切なことです。そのために「如何に生殖細胞は発生し、分化し、機能するか」という基本的な問いかけにきちんと答え、その知識を応用して医学的な展開をする必要があります。私たちはこの観点から、マウスを動物モデルとして生殖細胞の発生と分化のメカニズムを分子レベルから個体レベルに至る幅広い手法で教育研究しています。
生殖系や神経系などの高次生命現象に関わる細胞も他の細胞と同様に遺伝子の制御を受けて機能を持つようになります。しかし、生殖細胞などの遺伝子発現はゲノムDNAの転写制御だけでなく、転写後のmRNAを巧みに調節することがとても大切なことがわかってきました。そこで、私たちは生殖細胞の発生や分化に重要な働きを持つmRNAを制御するタンパク質の機能を解析し、不妊症などの医学領域に貢献したいと考えています。さらに、この成果は生殖細胞のみならずガンや神経系の疾患などの病因の解明にも応用が可能です。
鈴木 敦 准教授
分子生物学、RNA生物学、発生生物学、生殖細胞、生殖工学
教員メールアドレス ""を"@"に atsuzukiynu.ac.jp
定員 1~2名
テーマ概要 日本のような先進国では、少子化が大きな社会問題です。特に、子供が欲しくても出来ない不妊症は増加傾向にあり、これを解決することは、健全で安定な社会構成を保証する上で大切なことです。そのために「如何に生殖細胞は発生し、分化し、機能するか」という基本的な問いかけにきちんと答え、その知識を応用して医学的な展開をする必要があります。私たちはこの観点から、マウスを動物モデルとして生殖細胞の発生と分化のメカニズムを分子レベルから個体レベルに至る幅広い手法で教育研究しています。
生殖系や神経系などの高次生命現象に関わる細胞も他の細胞と同様に遺伝子の制御を受けて機能を持つようになります。しかし、生殖細胞などの遺伝子発現はゲノムDNAの転写制御だけでなく、転写後のmRNAを巧みに調節することがとても大切なことがわかってきました。そこで、私たちは生殖細胞の発生や分化に重要な働きを持つmRNAを制御するタンパク質の機能を解析し、不妊症などの医学領域に貢献したいと考えています。さらに、この成果は生殖細胞のみならずガンや神経系の疾患などの病因の解明にも応用が可能です。
2016年度
福田 淳二 准教授
毛髪再生医療のための培養器の開発
教員メールアドレス ""を"@"に fukudaynu.ac.jp
栗原 靖之  教授
マウスミトコンドリア電子伝達系サブユニットタンパク質の発現動態解析
教員メールアドレス ""を"@"に kuriharaynu.ac.jp
平塚 和之 教授
有用物質生合成遺伝子に関する研究
教員メールアドレス ""を"@"に hiratskynu.ac.jp
尾形 信一 准教授
バイオ関連英文の読解
教員メールアドレス ""を"@"に s-ogataynu.ac.jp
2015年度
福田 淳二 准教授
毛髪再生医療のための培養器の開発
教員メールアドレス ""を"@"に fukudaynu.ac.jp
平塚 和之 教授
有用物質生合成遺伝子に関する研究
教員メールアドレス ""を"@"に hiratskynu.ac.jp
栗原 靖之 教授
マウスミトコンドリア電子伝達系サブユニットタンパク質の発現動態解析
教員メールアドレス ""を"@"に kuriharaynu.ac.jp
2014年度
武田 穣 准教授
糸状性細菌の鞘のグルコサミノグリカンの構造決定
教員メールアドレス ""を"@"に mtakeynu.ac.jp
板垣 宏 教授
h-CLAT(皮膚感作性試験)に関する基礎勉強とゼミ発表
教員メールアドレス ""を"@"に hitagakiynu.ac.jp
福田 淳二 准教授
毛髪再生医療のための培養器の開発
教員メールアドレス ""を"@"に fukudaynu.ac.jp
平塚 和之 教授
高等植物の遺伝子発現制御に関する研究
教員メールアドレス ""を"@"に hiratskynu.ac.jp
小泉 淳一 教授
生物時計に関する基礎的調査
教員メールアドレス ""を"@"に jikoizmiynu.ac.jp