Research Opportunities for UndergraduaTEs
理工学部・学部学生が最先端の研究に参加できるプロジェクト

News

ROUTEプログラム生が「リケラボ」に掲載されました!

理工学府前期2年の金井典子さんが「コーヒー粕からセルロースナノファイバーの生成に成功」したことについて理系の情報コンテンツ発信サイト「リケラボ」に掲載されました。掲載内容は、論文発表に至るまでの過程、どうすれば研究者としての能力を高められるか、などがインタビュー形式で掲載されています。(指導教員 川村出 准教授)












<文献情報>
雑誌名: Cellulose, 2020 年 27, 5017-5028. DOI: 10.1007/s10570-020-03113-w 論文題目: Structural characterization of cellulose nanofibers isolated from spent coffee grounds and their composite films with poly(vinyl alcohol): A new non-wood source コーヒー粕から分離されたセルロースナノファイバーとポリビニルアルコールとの複合フィルムの構造解析: セルロースナノファイバーの新しい非木材資源 論 文 著 者 : Noriko Kanai, Takumi Honda, Naoki Yoshihara, Toshiyuki Oyama, Akira Naito, Kazuyoshi Ueda, Izuru Kawamura* (金井典子、本田拓望、吉原直希、大山俊幸、内藤晶、上田一義、川村 出*)

日本機械学会教育賞を受賞!

2020年4月16日、横浜国立大学機械工学教育プログラムが「学部1年生から最先端研究に参加できる ROUTE(Research Opportunities for UndergraduaTEs)プロジェクトの実践」という題目で、 日本機械学会教育賞(日本機械学会) を受賞しました。

ROUTEが文部科学大臣賞を受賞!


ROUTEプログラムのこれまでのみなさんの取り組みが評価され、下記の通り重要な賞を受賞しました。これからもプログラムをさらに発展させていきますので、よろしくお願いいたします。

全学ウェブサイトおよび理工学部ウェブサイトにROUTEが文部科学大臣賞を受賞した旨の記事が掲載されました。 

https://www.ynu.ac.jp/hus/engk2/24496/detail.html

http://www.es.ynu.ac.jp/


200323_受賞決定通知(文部科学大臣賞)のサムネイル日本工学教育協会より案内のサムネイル





2019年度末ROUTE発表会中止のお知らせ

2019年度末ROUTE発表会中止についてのお知らせです。
2020年6月26日~27日に開催されるはずでしたオープンキャンパスが新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になったためROUTE発表会も中止となりました。まことに残念ではございますが学生の皆さんには今後も様々な分野への興味を持ち知識を広げると共に、ROUTE を応援していただいている企業・学外の皆さんにも参加いただき、活発な議論を楽しんでいただければと思います。

海外招聘教員による講義及び演習

Urn processes and their applications(「壺のモデル」とその応用)というタイトルで、オーストラリア・モナシュ大学の Dr. Andrea Collevecchio と、Ben Amiet 氏による講演及び演習を実施いたします。

対象:
理工学部の学生(大学院生も歓迎)

日時・場所:
2018年11月26日(月)4・5時限 C棟301
2018年11月27日(火)4・5時限 C棟301

問い合わせ先:
数理科学EP 准教授 竹居 正登(内線4204)

実施ご案内(画像クリックでPDFファイルが開きます)
iRoute181126のサムネイル

東京新聞にクラウドファンディングの取り組みが掲載されました

最先端研究の教育費支援を 横国大、ネットで寄付募る

ROUTE研究「空飛ぶ車の空力解析」がNHKで紹介

機械工学EPの北村研究室にて、H29年度秋学期に実施されたROUTE研究「空飛ぶ車の空力解析」が8月29日放映の『NHK ニュースウォッチ9』にて紹介されました。
以下の動画の2分30秒くらいからです。