Research Opportunities for UndergraduaTEs
理工学部・学部学生が最先端の研究に参加できるプロジェクト

News

2022年ROUTE学生交流会開催について

2022年9月30日(金)に中央図書館一階メディアホールにてROUTE学生交流会が開催されます。 ROUTE生の皆さんは奮ってご参加ください。 開催日時:9月30日(金)  第一部 研究発表会12:30~14:00 第二部 交流会 14:20~15:30 場所:中央図書館一階メディアホール

2022年オープンキャンパス開催について

2022年6月26日(日)に横浜国立大学オープンキャンパスが開催されます。ROUTEでは、現役ROUTE学生の発表などもあります!ROUTEとは何か、どんなことができるのか、など興味がある方は是非当日お越しください。

発表日時:6月26日(日)12時~

場所:電子情報棟1階学生交流室

2021年度ROUTE成果報告会が開催されました!

2022年330日に2021年度ROUTE成果報告会がオンラインにて開催されました。各EP1年生から3年生まで、49名の発表があり、126名の参加者を集めました。眞田理工学部長のご挨拶の後、発表が行われ、特に素晴らしい発表をされた3名の参加者の方々に表彰状と副賞(図書カード)が贈られました。また、今回は多々見副理工学部長の終わりのご挨拶の後、ROUTE学生会によるイベントも実施されました。

受賞者の方々の名前と発表題目

















最優秀研究発表賞 材料工学EP 3年 川越 徳乃さん
Fe-9Ni合金の低温引張特性」

















最優秀研究発表賞 情報工学EP 3年 三苫 凌さん
「深層学習によるリズムゲーム譜面の自動生成モデルの改善」

















優秀研究発表賞 海洋空間のシステムデザインEP 2年 石戸大智さん
「月探査機の着陸軌道の最適化に関する研究」

2021年度末ROUTE発表会(報告会)についてのお知らせ

2021年度末ROUTE成果発表会(報告会)は2022年3月30日(水) 15時~17時の日程で開催します。ただし新型コロナウイルスの状況を鑑みWeb開催とします。 学生・教員は、ROUTE参加の有無に関わらず、どなたでも参加可能です。会場:下記第10回ROUTE成果報告会の中の「ovice」よりご参加ください。パスワード:トップページの「お問合せ」よりお問合せください。 第11回ROUTE成果報告会のサムネイル

ROUTE学生交流会を開催しました!

2021年9月30日(金)にオンラインによるROUTE学生交流会が開催されました。
学科や学年を超えて仲間を増やし、ROUTE生ならではの悩みや楽しみなどを共有できる場を作って欲しいとの声をもとにROUTE学生会幹事の理工学部4年田島怜奈さんが企画してくださいました。
交流会は2部構成になっており1部では各々の研究についての発表があり、第2部では学生懇親会が開かれました。1部では発表賞として4つの賞が下記の方々に贈られました。

DERUKUI賞(最優秀賞) 木村 悠河さん(学部2年バイオEP飯島研究室)
ベストプレゼンテーション賞 牧野 楓さん(学部2年機械工学EP北村研究室)
教員賞 水谷 優里さん(学部2年化学EP川村研究室) 
質問賞 本田 麻里子さん( 学部2年化学EP五東研究室) 

ROUTE学生会幹事 田島怜奈さんより
「今回はオンライン開催でもたくさんの学生さんが参加してくれました。今後は時期を見て対面の懇親会の開催を目指します!」

※サイネージに掲載中です。

「ROUTE学生会」が発足しました!

この度、ROUTE学生同士の交流を促進するための「ROUTE学生会」が発足しました。現在の学生主幹事は田島怜奈さん(材料工学EP 4年)です。今後は下記活動を予定しております。

・学科・EPを超えた学生同士のつながりを作る懇親会の開催
・進路や研究を相談できるコミュニティ運営
・他分野の研究者と協働する練習の場としてのワークショップ開催 等

入会・退会は自由ですので興味のあるROUTE学生の皆さんはぜひイベントに参加してみてください。
右上のお問合せよりお問合わせください。

※サイネージに掲載中

2020年度末ROUTE成果発表会(報告会)が開催されました!

2021年3月31日にROUTE成果発表会がオンラインにて無事開催されました。各EPの1年生から3年生まで、27名の発表があり、62名の参加者を集めました。発表会では素晴らしい発表が数多く行われ、発表者と参加者との間で様々な議論が交わされました。また、特に素晴らしい発表をされた4名の参加者の方々に表彰状と副賞(図書カード)が贈られました。受賞者の方々の名前と発表題目は下記のとおりです。

最優秀研究発表賞
田島 怜奈さん(材料工学EP 4年)発表題目:「長繊維強化自己治癒ガラスの開発」
 
   

















優秀研究発表賞                
原 優花さん(機械工学EP 3年)発表題目:「微小重力下における固体‐粒状体の相互作用のモデル化に関する一考察」
              
  



優秀研究発表賞
富樫 天さん(機械工学EP 4年)発表題目:「赤外レーザーを用いた液柱駆動による高アスペクト比マルチマテリアル構造体の作製」


          















優秀研究発表賞
岡田 卓馬さん(機械工学EP 4年)発表題目:「応力ベクトルで現象を見る」




サイエンス・インカレにて「ファーウェイ賞」を受賞!

2021年 1月25 日~ 29日にオンラインで開催された第 10回サイエンス・インカレにおいて、理工学部 機械・材料・海洋系学科 機械工学教育プログラム(EP) 4年の山口拓真さん(指導教員:北村圭一 准教授)が、「高い空力性能を有する胴体形状とは!? ―空飛ぶクルマや超音速旅客機の実現に向けて―」という題目でファイナリスト口頭発表を行いました。
山口さんは ROUTEおよび卒業研究を通して航空機の大きな抵抗源である胴体に着目し、数値シミュレーションを用いて数種類の胴体周りの空気の流れを解析し、次世代型旅客機の実現に向けて有効な胴体形状を明らかにしました。今回の成果が空飛ぶクルマや超音速旅客機の胴体形状設計に応用され、それらの運用コストを下げられる可能性があります。こうした研究の独創性や将来性が評価され、この度企業賞(ファーウェイ賞)の受賞に至りました。