Research Opportunities for UndergraduaTEs
理工学部・学部学生が最先端の研究に参加できるプロジェクト

How to join

参加資格
物理工学EP2・3年生
申込方法〜プロジェクト参加終了まで
プロジェクト閲覧
ROUTEウェブサイトを閲覧し、HPのProjet Listもしくはhttp://phys-route.ynu.ac.jp/route2017haruから興味のあるプロジェクトを選択します。ウェブサイトに掲載されている情報だけでは不十分であるなど、プロジェクトの内容に質問がある場合は、そのプロジェクトの担当教員に直接メールなどの手段で質問してください(基本的に、教員は学生からのどんな質問も歓迎しています)。
申込み(締切:7月17日)
【一度の募集期間に,学生の皆さんが行うプロジェクトはひとつだけです】
参加を希望するプロジェクトをいくつか選んだうえで順位をつけて、ROUTEとりまとめ担当の教員(片山)に参加申込みのメールを送ってください。なおROUTEは自動継続ではありませんので継続を希望する場合でも応募するようにお願いします。また、空きがあるプロジェクトの場合にはプロジェクトの担当教員とご相談いただき、研究を開始することも可能です。空きの有無については随時お問い合わせください。
katayama-ikufumi-bm※ynu.ac.jp
("※"を"@"に変換してください)
面接
対応可能な場合はテーマを担当する教員と面談し、実際の取り組む内容について相談します。複数人が同じテーマに応募した場合は、担当の教員と面接を行い、必要に応じて選抜します。不可となった場合は、希望順に従い他のテーマに取り組むことも可能です。
プロジェクトスタート
担当教員の研究指導のもと、研究プロジェクトを遂行します。原則として、担当教員の研究室に所属して、卒業研究学生(学部生)や大学院生とともに、研究プロジェクトに従事します。春学期募集の場合には夏休み中、秋学期募集の場合は春休み中に主に取り組みますので、研究に取り組めるだけの十分な時間を確保しておいてください。
研究予算
参加者は、公募型の研究費であるROUTE-plusに応募することが可能です。消耗品、旅費などの関連の研究に使用可能な予算となる予定です。詳細は決定し次第ROUTEホームページに掲載いたします。
成果報告
参加者は、記録のために、プロジェクト終了時にA4一枚程度の報告書を提出していただきます。(様式任意、発表ポスターでもよい。)
参加者は、それ以降4年生になる前までの間、他EPと合同で開催されるROUTE発表会にて発表を行うことができます。3月末に開催される予定で、複数回参加も可能です。
その他
参加者は、参加研究室への研究室配属において有利になる場合があります。